自作 車のステッカーを作ってみる

必要なもの

・カッティングシート

・シートのデザインデータ

・それを作るPCソフト

・→アドビ イラストレーター (ベクターイメージ編集ソフト・1か月 無料体験版使用もできる)

※PCとプリンタがある人はEPSONの手作りステッカーが手っ取り早いかもしれないです。カラー自由だし。耐用年数は5年はないみたいですが。

●↓ステッカー貼付後

作業終了後 破れず、ほっとした^ ^;

作業終了後 破れず、ほっとした^ ^;

実際に作ったアウトラインデータはこんなものです。20×27cm四方内 カッティングシート 耐候年数5年 屋外用を注文 重ね張りにするので、白と黒2枚

シート屋さんに出すデータ

シート屋さんに出すデータ

インターネットでカッティングシートを販売加工する会社を探しました。見積に出すと、2600円だったので注文しました。私はアドビイラストレーターを持っているので、アウトラインデータをそのままメールで送って注文できました。

実際貼るのに必要なもの

スクレーパー

ダブルスキージー

マスキングテープ

・霧吹き(ガラスに貼るので、中身は水)

●合成 予想図(ちょっとはデザインを2、3考えたんですが、疲れてたんで適当に無難なこれに決定。Photoshopで合成してみて、完成予想をしてます)

合成画像

作成前の、予想 合成画像

道具を用意しました。左から スキージーとスクレーバー

左から スキージーとスクレーバー

左から スキージーとスクレーバー

まず貼る場所をきれいにします。スクレーパーと洗剤、水で下の↓ステッカーを除きます。

このステッカーは特に貼付の義務はないようです

窓汚れを洗い、拭き取ります。 このステッカーは特に貼付の義務はないそうです

低排出ガス車、基準達成車のステッカーが邪魔なので、きれいに取り除き、ガラスを洗います。

掃除に洗剤がいりますが、写真にはありません

※掃除に洗剤がいりますが、写真にはありません

ここまできたら、以下の手順

1 貼る位置を決める

2 マスキングテープで仮止め

3 窓に霧吹き(水)をし、台紙を取り除き、慎重に貼っていく

4 スキージーでシート下に気泡ができないように、こすって貼っていく

私は貼ったらすぐにアプリケーションを取り除き、シートをスキージーで貼りました。

気泡が入らないように貼るのに、最初は苦労しました。(でもやはり気泡は入りました。小さいのは後で消えるそうですが…)貼った瞬間、なるべく水と空気を除くようにこすって貼る!のがコツみたいです。

失敗すると無駄になる…

まずは、白い部分を貼ります…重ね張りだ…

ずれないように、慎重に適した位置に貼ります

更に白のシートの上に、黒のシートを貼る。慎重にずれないように、適した位置に貼ります

黒カッティングシートを重ね張り。ずれると台無しなので、慎重に

黒カッティングシートを重ね張り。ずれると台無しなので、慎重に

作業約1時間。終わり!

作業約1時間。終わり!

ちなみにこの英語文字「Fear is your only god.」は、アメリカのロックバンド Rage Against The MachineのVietnow という歌詞から取りました。★に著作権もないので、まあOKだと思います。大体ざっくりと下記のような事を考えて作りました。

効果は未知数!! です

富士重工って、そりゃみりゃわかるわ!って感じですかね。威嚇の効果は未知数!! です

※上のグラフは冗談です。私の勝手な主観で、自分が好きなものを作ってしまいました。
シートはがし、シート材料、スクレーパーなど入れると全部で5000円くらいですかね〜。
また余裕があれば、色んなカラーや素材で試してみたいと思います。

明朝の文字部分が剥がれないか心配です。面倒くさがって、背景の黒シートを貼らなかったので…

カーボン調シート。時間があればやるんですが。

beer

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

TOPに戻る

検索

お気に入りリンク

タグクラウド

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 車ブログ スバルへ
にほんブログ村